なぜ女は一途な男よりヤリチン男に惹かれてしまうのか?

大原です。

ヤリチン・・・童貞の時は人間のクズだと思ってましたw
ヤリチン
なんで、あんな男に引っかかるのだろうか。

「こいつ絶対浮気するだろw」
そんな男でも、
女から見るとすごく魅力的なのです。

なんで、もっと一途な男を選ばないのだろうか。

その疑問が、DNA情報を元に考えると
すごく納得できるような説明ができます。


そして今回は、女に備わっているDNA情報を元に
モテる方法についてお伝えしていきます。


今回の話を知ることで、
「女は一途な男が好き」
という間違った知識が払拭されます。


遺伝子情報を逆手に取ってモテる

リチャードドーキンスの「利己的な遺伝子」では
”人は遺伝子の乗り物である。”
と語られています。

人間も生物であり、
生物の行動は遺伝子によって支配されています。

つまり、遺伝子=本能に訴えかけることで
効果的にモテる方法になります。


遺伝子的な人間の欲求


人は脳が発達しているので、
たくさんの欲求がありますが。

根本的な欲求は、他の生物と同じで。
増殖のために生きています。


そのため、
・自分の子孫がより多くの子孫を残せる。
・自分の子孫が安全に育つ環境。

上の2つの判断基準で、パートナーを選んでいます。


女が遺伝子的に求めている男性は2種類しかいない


つまり、女は遺伝子的に見ると
次の2つの男性を求めているということです。

1.繁殖能力の高い男(ヤリチン)
⇒自分の子孫が多くの子孫を残せる

2.いい父親になる男
⇒子どもが安全に育つ環境


女の優先順位としては、
1の”ヤリチン”のほうが高いです。

いくら子どもが育ったとしても、
繁殖能力がなくては増殖に意味がないためです。


女の不倫や浮気のケースでよくある言葉が。
「物足りなくて・・・。」
というフレーズ。

これは、”いい父親になる男”を基準にして
男を選んでしまったケースになります。

「いい父親になる男」を基準にして
パートナーを選んだ、女の浮気は
必ず遊んでいる男を選びます。


もちろん、逆もあります。
ヤリチンに見限って、真面目な男性を選ぶ。

この場合は、浮気というより本気になりますが。


ちなみに、
あなたが彼女に浮気されたくなければ
・繁殖能力の高い男
・いい父親になる男

この2つの要素を兼ね備える必要があります。


一途な男が嫌われる理由


例えば、ドラマであるような
「ずっと前から好きでした。
キミじゃないとダメなんだ。」

こんな感じで、重く愛を告白するような男。


告白する男から見ると、
”こんだけ愛してるのだ”
という想いを伝えて。

一途に想っているのだから
喜ばれると思うかもしれないのですが。


実際のところ女からは、
嫌悪感を抱かれてしまいます。


女は生物学的には
たくさんの女にモテている男が好きなのです。


一途に想っているということの裏を返すと
・他に相手してくれる女がいない。
・モテない繁殖能力の低い男

と、伝えているようなものです。


一途な想いを伝えるということは
遺伝子的な劣等を伝えているようなものです。



一途=「いい父親」の要素はあるのですが。

繁殖能力の高い男の要素がないと、
”気持ち悪い男”になってしまいます。


一番いいスタンスというのが

”他に寄ってくる女はたくさんいるけれども
ボクは君のことを選ぶよ。”


これは、
・繁殖能力の高さ
・いい父親要素

この2つを兼ねているため
女性からしたら最高の男だと思われます。

※あくまでスタンスなので
告白の言葉ではないですよw


女が遺伝子的に求めている男性は2種類しかいない


女が遺伝子的に求めている男性は
次の2種類しかいないことになります。

・繁殖能力の高い男(モテる男)
・いい父親になる男

ここまで読んでみて、
次のことを考えるかも知れません。

結局、イケメンがモテるってことをいいたいんでしょ・・・?

bro4757

安心してください、
イケメンじゃなくてもモテる事ができます。

生物学上では、モテる男を
完全に見ぬくことはできません。


グッピーを使った実験

生物学上でモテル男を完全に見ぬくことはできない。
ということは、グッピーを使った実験で証明されています。

実験の内容は次のとおりです。


3つに区分けされた水槽のなかにグッピーのオスを二匹、メスを一匹入れる。

一匹のオスの区分けにはメスを大量に入れ、交尾させまくる。

もう一匹のオスはずっとひとりぼっち。

メスにこの二匹を観察させた後、区分けには取り外す。

メスは圧倒的にモテていたオスと交尾する確率が高かった。

そして次にヒレなどで明らかに遺伝子的に優劣のある(生命力・繁殖力に差のある)オス二匹を使った。

劣った方のオスに大量のメスと交尾させ、その後仕切りを取り外すと、メスは遺伝的に優れた方のオス(イケメン)より劣った方のオス(ブサメン)と交尾する確率が高かった。


グッピーを使った実験からわかること

実験からわかることは、
遺伝子的に優秀な男がモテるのではなく。

モテているように見える男が好きということです。


つまり、
モテる男を装えばモテるようになるということです。

そして本当にモテる男になれば
更にモテるようになります。


プラスのスパイラルが生まれることになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人:大原あゆむ

管理人
ブログの人↓↓


23歳まで童貞。
学生時代はボッチのコミュ症。

特にイケメンでもなければ、高収入なわけでもありません。

でも、ちょっとしたテクニックと行動だけで
好きな時に女を呼んでヤりたい時にヤル環境ができてます。


男に生まれたからには、1人でも多くの女とヤりたい。

共感してくれる方は、ぜひボクのブログやメルマガを読んでください。

管理人のプロフィールを見る!

大原のメルマガ登録はこちら


大原への質問や連絡先はこちら

このページの先頭へ